読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしもTravis japanが男子校吹奏楽部だったら

ずっと書きたかったTravis japanの学パロ!!本当はサッカー部とかバスケ部の方が男子がやってそうでいいんだけど、いかんせん私が究極の運動音痴だし中学・高校と吹奏楽しかやってこなかったので、「じゃあいっそのこと男子校設定でいこう!」ということになりました。専門用語とかはあんまり使わないようにしたんだけど、楽器名聞いただけじゃどんなものか分からない方はぜひGoogleで調べて頂けるとありがたです。メジャーなもの中心に割り振ったけど、ユーフォニウムとか分かるか怪しいよね。ちなみに私は6年間トランペットをしていたので木管楽器のことはよくわかりません。独断と偏見で楽器を決め、私の体験を基に紹介書いてたらまた長くなりまして、毎度毎度申し訳ないっす!!続き書くかは今のところ不明だけどご要望あれば頑張るよ!

 

・合奏の時の位置関係

f:id:meandj:20160313211437p:plain

 

・メンバーの関係図

f:id:meandj:20160313211508p:plain

 

分かり易さ求めて書きました、手書きで申し訳ない。それじゃあ紹介いってみよう!

 

★今井先生…音楽担当/顧問

いつもボルサリーノのハットを被っている。たまにある合奏後のお話の最後は必ず「どれだけボルサリーノのハットが好きか」について語りだすので、ミドルネームは「今井 ボルサリーノ 翼」である(自他共に公認)。本当は朝が苦手だし本当はスウェットとタンクトップが落ち着くが、それではハットに似合わないのでいつもスーツを着ている。AOKIとかで買ったやつではなくPaul Smith辺りのちょっと良いスーツ。定期演奏会では毎年のように指揮を部長に任せ、本気で踊る。学生時代はそこそこ有名なダンサーで、あのマイケル・ジャクソンを振り付けしたトラビス・ペインに習ったこともあるとかないとか。いつも熱血のため指揮棒を振るときも力が入りすぎる。1曲終わると汗だくになり合奏が進まないためポケットマネーで音楽室にクーラーを付けた。生徒にはとっても好かれており、先生も生徒が好きなので年末には部員全員をカラオケと焼き肉に連れて行き奢ってくれる。

 

★のえる…3年生/部長/Sax

あまりにもみんながしっかりしていないため、立候補で部長になった。経緯を話すと学級委員会でのえるが少しだけ遅れて部長を決めるための会議をする部室に入ろうとすると「やっぱ、俺?♡」とヒロキが言っているのが聞こえたため慌てて「僕僕ぼく!!!!」と言って止めたから。その後副部長になったヒロキは使い物にならず、すぐにいなくなるので、いつものえるが一人で走り回ることになる。噂ではお金持ちらしく、とても高校生では手が出ない値段のリードを使っている。家で自主練する用の楽器と学校用の楽器を別で持っている。ちなみに家には自主練専用の部屋があるっぽい。もちろん防音設備完璧。小学生の時からいろいろな習い事をしており、Saxもしていた。そのためとても上手でソロのコンテストで東京都代表になっている。今は全国大会を控えて練習中。部室の鍵もセコムチェックも部長の仕事のため、いつも帰るのは一番最後。朝練で鍵を開けるのものえるの仕事なので、朝も早いが本人は練習時間が長くなることに喜んでいる。

 

★ヒロキ…3年生/副部長/トロンボーン

「部長がダメなら副部長やっちゃう??」というノリで副部長になったものの、現状何もやらない。たまにのえるに1ヶ月予定表の印刷を頼まれるが、印刷しに職員室に行くと部活が終わる時間まで帰ってこない。原因は数学の福田先生、現代文の越岡先生、体育の辰巳先生、日本史の松崎先生(1人だけ非正規雇用)の4人のデスクを行ったり来たりちょっかいをかけるから。部活が終わったんだと気付くのは帰りがけにしめちゃんが迎えに来て「ヒロキー、先帰るよ??」と言われた時。ちなみに予定表のコピーはしていないので当然のえるに怒られるが、そこに通りかかった辰巳先生が「まあまあそんな怒るなよ川島~」とのえるを丸め込むのでいつも無傷。

 

★しめ…3年生/フルート

ヒロキに誘われ、よく分からないまま入部届を書いた。が、肺活量が女子より無いのでフルートしかできない。練習の時は音楽室に一番近い教室で、楽器と譜面を横に置き寝てる。たまに起きてるけど、決まって体育館にある自販機にイチゴオレを買いに行って教室に戻り、運動場を見ながらボーっとしてる。下から「七五三掛~、練習しろよ~」というサッカー部顧問の辰巳先生の声が聞こえるが、本人は笑顔で手を振ってるだけなので練習は一向に始まらない。合奏の前にピッチを合わせて、新しい楽譜をちょっと吹くだけでほぼ完璧な天才肌だが、「七五三掛いいねぇ。でももうちょっと音量が欲しいかなぁ」と毎回今井先生に言われる。言われたその日の合奏終わりはたくさん練習して大きくなるのだが、次の日には元通りになっていることに気づいていない。

 

★森田…3年/弦バス兼ベース

身長が高いから弦バスにさせられただけなので、正直めっちゃ下手。ただしPOPSでベースに持ち替えるとめっちゃ上手。地元のお祭りや体育大会、文化祭の時はベースなので、近くの高校の女子は”カッコよくて楽器も上手い人”と思っているが実際は楽器搬入で階段を前に必ずこけそうになってアンプを持ちながら「怖い怖い!落ちるぅ~!!」って叫んでる”ビビりの楽器が下手な人”である。ただし下手なのは自覚しているため、人一倍練習する努力家である。

 

★閑也…2年/ホルン

2年の中でしっかりしているのが閑也しかいないので時期部長に内定している。ヒロキの代わりに部の仕事をのえるに頼まれるので、現段階はほぼ副部長。1年生の時は何故かのえる先輩のことが嫌いだったが、副部長の仕事をするようになってからのえると関わることが多くなり、知っていくうちに最近は大好きになっている。いつも一緒に帰るのでデキているとの噂もあるが、真相は謎のままだし誰も怖くて聞きに行けない。元々あまり上手くなかったホルンだが、コンクールで自分のソロパートがあると知り、猛練習の末とっても上手くなりました。合奏の時寝そうになるしめをこっそり起こすのはこの人。

 

★うみ…2年/ユーフォニウム

海人だが、部内に二人「かいと」がいるため「うみ」と呼ばれている。本人は「海人」と呼ばれるより「うみ」と呼ばれる方が好きらしい。トロンボーンとユーフォは席が近いので、合奏が始まる前や休憩の時はヒロキとわちゃわちゃしている。たまにやりすぎて他人の譜面を倒すためみんなに怒られる。ヒロキと一緒に遊んでいたのにいつも一人だけ怒られるので拗ねる。新しい曲を貰って初見演奏では必ず入りを間違え、一人で飛び出すのでみんなに「ちょっとうみしっかり~!」「かいとぉ~」「中村ー!」と責められる。言い訳も一応するが、「だって!だって!」しか聞き取れない。

 

★宮近…2年/クラリネット

ピッチ(音程)が合わない芸人。そのため合奏前にのえるによるピッチ合わせが恒例になった。いつも廊下で真面目に練習している。元々はちゃんと教室で練習していたが、うみの侵入によって出ていかざるをえなくなった。休憩や帰るときは森田に絡みに行ったり閑也にジュースをたかるが、いつも適当にあしらわれて顕嵐と帰る。横の顕嵐はちゃっかり森田にジュースを奢ってもらい済。2年みんな+カジでハシャギまくり、のえるに怒られることも多いが練習は真面目にしっかりしているので、次期副部長にも検討されている。

 

★顕嵐…2年/トランペット

花形楽器を花形の顔がやるという、イヤミかよと言いたくなるやつ。当然他校の女子にも演奏会の度に騒がれ、盗撮もされているらしい。自主練に行ってもしめと一緒に寝ていることが多いが、いつものえるに見つかり顕嵐だけ連行され、見張られた状態で練習させられる。まだ2年なので2ndだが、上の音が出ない(あまり出そうとも思っていない)ので心配されている。何回直しても楽器の持ち方がおかしい、立って吹くと体が傾くなどいろんな問題を抱えているが、本人はいたってマイペースなのであんまり気にしていない。

 

★カジ…1年/パーカッション

天才的に上手いとオープンハイスクールの時から話題に。人が足りていない&先輩が辞めたため、1年生3人でパートを任せられている。ドラムはいつも一番上手いカジの担当。めっちゃ上手いし顔が更けているので、文化祭などでしかカジを見たことがない先生達には2年か3年だと思われている。先輩大好きで、ヒロキとしめが2人で帰るところにしょっちゅうついて帰り、コロッケを奢ってもらっている。何も吹いていないのにやたらと喉が渇くため、いつもドラムの横に1.5ℓのペットボトルが置かれている。

 

 

どう??私的にはこのメンバーならのえると一緒にやりたいかな!一緒のパートの顕嵐ちゃんとは…あんまり一緒にやりたくないです(笑)でもきっとこんなメンバーでやったらグッダグダだから妄想だけで十分だね、終わり!!